大分ヤクルトドットコム 大分ヤクルト販売

 TOP《大分ヤクルト販売(株)概要》 大分ヤクルト販売・会社概要
会社概要

会社概要

■ 役員
代表取締役会長
田実 博
代表取締役社長
竹内 孝夫
専務取締役
安田 哲朗
常務取締役
渡辺 一秀
 
 
■ 社名
大分ヤクルト販売株式会社
■ 本部 大分県別府市石垣東10丁目1番25号
■ 設立 昭和41年5月7日
■ 資本金 63,269,000円
■ 従事者 社員160人
ヤクルトヘルスケアレディ(委託販売員)360人
ヤクルトビューティ40人
(2016年8月現在)
■ 関連会社 螢廛薀鵐縫鵐哀汽檗璽
螳μ
鹿児島東部ヤクルト販売株式会社
■ 主要取引銀行 大分銀行
西日本シティ銀行
豊和銀行
ページTOP
社史
▼大分ヤクルト販売   ▼螢筌ルト本社
ヤクルトグループ
  1930(昭和5年) ■京都帝国大学医学部微生物学教室にて代田稔(医博)により分析成功(ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株)と命名■人腸乳酸菌ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株を分離
  1935(昭和10年) ■ヤクルト創業「代田保護菌研究所」の名のもとにスタート
  1955(昭和30年) ■ヤクルト本社設立、研究所を京都市に設立
  1964(昭和39年) ■クロレラの光なし純粋培養に成功
大分ヤクルト販売蠕瀘5月7日
1966(昭和41年)  
  1967(昭和42年) ■研究所を東京・国立市に設立
  1968(昭和43年) ■乳酸生菌含有粉末の製造法開発■ヤクルト・アトムズ
宇佐営業所開設(宇佐中央C)10月 1969(昭和44年)  
佐伯営業所開設(佐伯中央C)3月 1970(昭和45年) ■のむヨーグルト「ジョア」開発■研究所に動物実験施設を増設
化粧品部発足6月
大分ヤクルト本社社屋新築落成10月
1971(昭和46年)  
竹田営業所開設(竹田C)1月
大分東営業所開設7月
福祉ヤクルト寄金開始10月
1974(昭和49年)  
独居老人愛の一声開始4月 1975(昭和50年) ■医療用医薬品「ビオラクチスカプセル」を開発し、医薬品事業に参入
  1976(昭和51年) ■ビフィズス生菌を含有する発酵乳製品の開発■研究所に分析センターを開設(東京都計量証明事業登録第520号)■実験用ラット「F344/Yit」の亜系を作出
乳製品売上最高記録(一日平均)
月間最高昭和53年7月241,630本
年間最高昭和52年 205,699本
1977(昭和52年)  
  1978(昭和53年) ■’78ヤクルト・スワローズリーグ優勝・シリーズ制覇■ビフィズス菌を利用したのむヨーグルト「ミルミル」開発■乳酸桿菌・YIT9018の制がん効果を発見
  1980(昭和55年) ■ビフィズス菌から新しい制限酵素を開発■乳酸菌培養液から皮膚保湿、抗酸化物質「SE」を分離■クロレラを利用した蚕用人工飼料及び養魚餌料の開発
寿C開設1月
臼杵営業所開設(臼杵C)7月
1981(昭和56年) ■東京証券取引所市場第一部に上場指定
直販部発足6月 1982(昭和57年) ■新しいタイプの糖尿病疾患モデル動物の発見・分離■ビフィズス菌の生残性の改善法開発
  1983(昭和58年) ■大腸と枯草菌に共用できるシャトルベクターの開発■難治性下痢症に対するビフィズス菌の治療効果の実証

大道C開設6月
1984(昭和59年) ■乳酸桿菌では初めてのDNA移転因子の発見■家蚕微粒子病診断用単クローン抗体の開発
青少年健全育成福祉基金開始7月
三重C開設12月
1985(昭和60年)  
  1986(昭和61年) ■微生物によるヒアルロン酸の製造技術の開発■乳酸桿菌菌体成分中に血圧降下作用物質の存在を発見
大分東営業所増設5月
中津営業所開設(中津中央C)6月
1987(昭和62年)  
大分南営業所開設(南大分C)9月 1988(昭和63年) ■ガラクトシル転移二糖に乳酸菌・ビフィズス菌の増殖促進作用を発見■経口・経管栄養食「カロリアン」を完成■実験動物の糞便・尿採取装置を開発
ホテルサンバリー創業8月
にしきまちC開設8月
1989(平成元年)  
緑ヶ丘C開設7月
光吉C開設10月
メロン石油創業12月
1990(平成2年) ■制がん剤LC9018(開発番号)の製造承認を申請
北部C開設5月 1991(平成3年)
 
日出C開設12月 1992(平成4年) ■’92ヤクルト・スワローズリーグ優勝
  1993(平成5年) ■’93ヤクルト・スワローズリーグ優勝・シリーズ制覇
津久見C開設 1994(平成6年) ■がん化学療法剤CPT−11が医薬品製造承認・開発
  1995(平成7年) ■’95ヤクルト・スワローズリーグ優勝・シリーズ制覇
12月大分ヤクルト販売衙30周年5月 1996(平成8年) ■抗がん剤CPT−11がアメリカで進行、再発の難治性大腸がんに対する治療剤として承認・発売
ホテルサンバリーアネックス創業6月 1997(平成9年) ■食品産業優良企業表彰(消費者対応部門)で農林水産大臣賞を受賞

二目川C開設5月
新佐伯営業所開設8月

1998(平成10年) ■本社10工場・子会社1工場が「総合衛生管理製造過程(HACCP)」の承認を取得
大分中央C開設8月 1999(平成11年) ■「第58回日本癌学会総会」でL.カゼイ・シロタ株のがん予防効果が発表
寒田C開設5月 2000(平成12年) ■日本食糧新聞社制定「20世紀食品産業発展賞」受賞
新県北(宇佐営業所)開設11月 2001(平成13年) ■スワローズが6度目のリーグ制覇・5度目の日本一
大分ヤクルト販売(株)とホテルサンバリー合併7月 2002(平成14年) ■世界初の「腸内フローラ自動解析システム」完成
  2003(平成15年) ■「カンプト注」が「発明協会会長賞」受賞
  2004(平成16年) ■がん化学療法剤「オキサリプラチン」の輸入承認を申請
  2005(平成17年) ■抗悪性腫瘍剤オキサリプラチンが輸入承認・発売
セルフメディケーション支援ショップ あけのアクロス店開設 2006(平成18年) ■販売会社における「ISO9001」「ISO14001」の認証取得(統合取得)開始


ページTOP